自分の利き目を把握しておこう

利き目

スポンサーリンク

ダーツボードに視線を合わせる際に、自分の利き目が分かってないと狙った箇所よりずれてしまいます。

まず利き目の調べ方ですが、顔の30cm前くらいに親指と人差し指で円を作り、3〜5メートルくらい離れた場所にあるターゲットを円におさめます。次にそのまま左目をつぶり、ターゲットが円の中にあれば右目が利き目、逆なら左目が利き目ということになります。

腕が右利きの場合、腕と同じ右利き目ならダーツを構えた際に的と視線とダーツが一直線になるので問題ないのですが、左利き目の場合、目線と構えが一直線になりにくく少しやっかいです。この場合、的を狙うときに一旦左目を閉じ右目で狙うようにするか、少し顔を右側に向け、左目の視線・的・ダーツを一直線にするなど工夫する必要があります。

ダーツのプロの中には、左の利き目を右の利き目に矯正したという方、左の利き目のままフォームを調整し、プレイしている方もいらっしゃるようです。

「小熊式」Aフライトスピード養成講座
今までの常識が非常識になる、ダーツ上達方とは?

20年間ダーツ業界NO.1のダーツ上達の秘密
98%の人が行っている間違ったダーツ練習をしていませんか?

スポンサーリンク