マナーを守ってプレイしよう

マナー

スポンサーリンク

●ダーツボード以外に向けて投げない
これは言わずもがな。ダーツボード以外には投げないようにしましょう。

●ダーツを人に向けない
たとえソフトダーツでも先端の尖っているものを向けられると良い気分はしません。ダーツを手渡す必要があるときも先端を向けずにフライト側を向けて渡しましょう。

●空投げはあまりしない
お金を入れずに的にダーツを投げる行為は空投げと呼ばれ、マナーの悪いとされる行為です。延々と空投げされてたら他のプレイヤーも使えないので、やるとしても最初の数本の素振り・調整・順番決め程度にとどめましょう。ただしお店などで完全に禁止されている場合は、やらないようにしましょう。

●タバコをくわえたままプレイしない
タバコの煙が邪魔になりますし、マナーとしてよくないです。本人が思ってるほどかっこよくないので辞めておきましょう。

●プレイ中の人に声をかけない
ダーツは集中力のゲームであり、アドレス時などに声をかけられると集中が切れてしまう可能性がありますので、投げ終わるまでは静かに見守りましょう。

●プレイ中の人に触れない
これも同じくプレイ中にぶつかったりすると集中力を切れる原因になりますので、プレイ中の人の周囲では気をつけるようにしましょう。

●プレイ中はプレイヤーとダーツボードの間を横切らない
アドレス中などに前を通ると邪魔になってしまいます。

●プレイ前後は挨拶を心がけよう
仲間内同士でプレイする場合はそこまで気にしなくてもよいですが、試合などで見知らぬ相手とゲームする場合は、「お願いします。」「ありがとうございました。」など一言あると良いですね。

「小熊式」Aフライトスピード養成講座
今までの常識が非常識になる、ダーツ上達方とは?

20年間ダーツ業界NO.1のダーツ上達の秘密
98%の人が行っている間違ったダーツ練習をしていませんか?

スポンサーリンク