ダーツのパーツ構成

パーツ構成

スポンサーリンク

ダーツは矢先の方向から順に、ティップ(ポイント)・バレル・シャフト・フライトという4つのパーツで構成されます。

ティップとは、的にささる先端の部分でロングティップ・ショートティップの2種類があります。

ロングティップのメリットとして、ボードに刺さり易いということと、グルーピング(狙った1つの的に3本のダーツを投げ入れる)しやすいことで、デメリットはティップが曲がりやすいということです。

ショートティップのメリットは、折れにくく軽いことで、デメリットはグルーピングしにくいということが挙げられます。

ロングティップの方が初心者向きと言われてます。

バレルはティップに接続されるダーツを投げるときに持つ箇所です。主に2種類あり、真鍮でできているブラスダーツ、ニッケルとタングステンの合金でできているタングステンダーツに分けられます。滑り止めの刻み・重量・形状など様々な種類があります。

シャフトはダーツ後部のフライトを取り付ける部分で、プラスティック・アルミ・チタン・グラスファイバーなど様々な材質が使われています。長さもショート・ミディアム・ロングとあり、一般的に長いシャフトの方が、安定感があり初心者向けです。短いシャフトはダーツが直線的に飛びやすくなります。

フライトはダーツ最後尾の翼のことでさまざまな形状・デザインがあります。大き目のフライトの方が安定感は高く初心者向けと思われます。フライトはダーツパーツの中でも面積が大きく目立つ部分ですので、デザインは様々で趣向を凝らしたものがたくさんあります。自分に合った大きさの中から好きなデザインを選びましょう。

「小熊式」Aフライトスピード養成講座
今までの常識が非常識になる、ダーツ上達方とは?

20年間ダーツ業界NO.1のダーツ上達の秘密
98%の人が行っている間違ったダーツ練習をしていませんか?

スポンサーリンク