安定したスタンスを取る

スタンス

スポンサーリンク

ダーツのスタンスの取り方は、ダーツボードに対して正面を向くフロントスタンス、体を斜めに向くミドルスタンス、体を真横に向けるサイドスタンスの3種類がありますが、まずは多くのダーツプレイヤーが使っているミドルスタンスをしっかり覚えましょう。

ミドルスタンスの取り方は、スローイングラインに対して体を斜め45度に開き、足幅を肩幅と同じくらい開きます。この時、足を揃えすぎたり、開きすぎたりするとバランスが壊れる原因となるので注意しましょう。

ミドルスタンスが取れたら、右足全体に体重をかけ、左足はつま先で立つ感じにします。右ひざ・背中は伸ばしたまま、やや前傾姿勢になるようにします。腰を引いたり、突き出したりすると安定感がなくなるので気をつけましょう。

また立ち位置ですが、的の中心からずれた箇所を狙いたい場合は、正面から斜めに狙うのではなく、ずれた分だけスタンス位置もずらし、常に的の正面から投げるようにする癖をつけておくと安定しやすいです。

「小熊式」Aフライトスピード養成講座
今までの常識が非常識になる、ダーツ上達方とは?

20年間ダーツ業界NO.1のダーツ上達の秘密
98%の人が行っている間違ったダーツ練習をしていませんか?

スポンサーリンク