ゼロワンのルール

ゼロワン

スポンサーリンク

ダーツの大会で競技種目に採用されている、ポピュラーなゲームです。

301、501、701、1001などあらかじめ決められた点数を最初にゼロにしたプレイヤーが勝利となります。末尾がすべて01となっていることからゼロワンと呼ばれます。

ゼロワンではダブルフィニッシュといって、最後のダーツをダブルリングかダブルプルに入れなければならないというルールがあり、ダブルフィニッシュに失敗した場合はそのスローはノーカウントとなり、次のスローで同じ残り点数を狙うことになります。

最後の点数をゼロにできず、オーバー(バースト)してしまったプレイヤーは、3投していなくても交代となり、持ち点はそのラウンドのスタート時に戻ります。

持ち点がゼロになった時点で終了ですので、先行の方が有利です。

「小熊式」Aフライトスピード養成講座
今までの常識が非常識になる、ダーツ上達方とは?

20年間ダーツ業界NO.1のダーツ上達の秘密
98%の人が行っている間違ったダーツ練習をしていませんか?

スポンサーリンク